育成<結果or育成>結果 どちらが正しいでしょうか??


 みなさんはどちらが正しいと思いますか?わたくしはジュニア&ジュニアユースの年代であれば間違いなく「育成>結果」だと思います。もちろん、結果=勝利を追求することはサッカーとして非常に重要だと思います。(勝敗があるスポーツなので)でも将来的にプロ選手や日本代表で活躍する。もしくは高校サッカーで活躍する。将来を見据えたほうがいいと思うのです。弱いチームの言い訳に聞こえるかもしれませんが、私事ですが、ジュニア~ユースの年代であれば、全国大会やJリーグのサテライトリーグ(トップの試合に出れないプロの選手の試合)も出場していました。でもプロにはいけませんでした・・。結果という実績ではなく、間違いなく自分が上手いか下手かそれだけです。オステンFCは将来を見据えた指導になります。今の結果を見るのではなく、選手がどのように今後サッカー人生を歩めていけるか。仮に全国大会を優勝したチームの選手が、全員がプロもしくは日本代表であれば、結果が正しいと思いますが・・・。

 ちなみに選手は誰よりも勝ちにこだわっていますので!!みなさん暖かいご声援おねげーしやす。
 
P.S 自慢話を選手にすると、「でた~~!!過去の栄光~~~!!」一生話しませんので悪しからず・・・・・・・。やっぱり過去の栄光って恥ずかしいですね( ゚Д゚)

コメント 0件

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

©2020 osten-fc

ユーザー情報を使用してログイン

情報を忘れましたか?